ボーイというお仕事には、たくさんのメリットがあります。
そのどれもが、一般的な企業に勤めていては絶対に手に入らないものばかりです。
この記事では、ボーイとして働くメリットをご紹介します。

メリットは高収入

ボーイ最大のメリットといえば、とにかく「誰でも高収入を目指せる!」というところではないでしょうか。
完全未経験でボーイになった場合、時給1,000円程度から始めることになります。

ここだけを捉えると、普通のアルバイトと大きな違いは無いように思います。
しかしそれは早合点というものでしょう。
なぜならキャバクラは、とてつもない勢いで出世することができる職場だからです。
一般的な会社に勤めている場合、年に1回の人事考課があり、翌年以降の給与に対して、昇給が発生することがあります。
多い会社でも年に2回程度です。

しかしキャバクラは随時昇進、随時昇給ですので、仕事ぶりさえ認めてもらえれば、毎日昇給のチャンスがあるといっても過言ではありません。
実際に入店1ヶ月で平のボーイからマネージャーになり、半年以内に副店長、1年以内に店長となることも珍しくはないのです。
その結果、20代半ばにして、年収1,000万円を達成するもあります。
キャバクラのボーイは、勝ち組への近道ともいえるお仕事です。

キャバクラは総じて始業時間が遅い

一般的なお昼の仕事に馴染めない人が抱えがちな問題の1つに、「夜型の体質のせいで遅刻を繰り返してしまう」というものがあります。
どれだけ仕事ができても、遅刻を繰り返していると簡単に解雇されてしまうのですが、キャバクラのボーイなら何の問題もありません。

なぜなら、キャバクラは総じて始業時間が遅いからです。
つまり、早起きが苦手な人でも遅刻をすることがないのです。
ボーイは開店時間の1時間ほど前、大体夕方の17時くらいに出勤できればOK!!
この時間帯なら、寝過ごして遅刻してしまうことはないでしょう。

ボーイなら経歴不問で働くことができる

さらにボーイは他の職業と違い、応募さえすれば誰にでも採用されるチャンスがあるお仕事です。
普通なら学歴や職務経験といった、今まで培ってきた経歴を元に採用の合否が決められます。
それらの要素が仕事をこなしていくために必要と考えられているからです。

しかしボーイのお仕事には、そういった些細なものは何の役にも立たないので、経歴のようなものは一切必要とされません。
キャバクラは完全実力至上主義の世界です。
必要なものは、「やる気と実際の仕事ぶり」だけ。これほど万人にひらかれた職場は、他にはまずありません。

ボーイとして働くと、社交性が身につく

個人的に最も重要なメリットとしてお伝えしたいのが、「ボーイは社交性が身につく」という点です。
ここでいう社交性は、俗に「コミュ力」といわれるような幼稚なレベルの話とは違います。

キャバクラのお客様は、普通のサラリーマンから経営者、芸能人やスポーツ選手といった著名人など多種多様です。
社交性は様々な立場の人と、お仕事で接することでしか培うことができません。こうした経験は、やがて血となり肉となり、礼儀やマナーといった形で身についてきます。
ここで身につけた礼儀は、他の業界に転職しても、大いに役立つことでしょう。

コメントを残す