ボーイとして成功を掴みたいなら、そのファーストステップとなるお店選びは非常に重要なポイントになります。
自分に合った環境を探すのはもちろんのことですが、「優良なお店」を見つけることは、それと同じくらい重要です。

悲しいことですが、ナイトワーク業界にはグレーゾーンのお店も沢山あります。
むしろブラックなお店も少なくありません。
業界的に仕方のないところかもしれませんが、そういったお店はできるだけ避けて欲しいという思いからこの記事を書きました。

身分証の提示が求められないキャバクラはヤバい!?

キャバクラでは深夜勤務が発生するので、18歳未満の従業員を雇うことはできません。これは法律で決めらています。
ですので破った場合は「まぁいいか 次から気をつけてね?」では済まされないことなのです。
最悪お店の責任者は書類送検されることになるでしょう。

つまり、身分証明証の提示を求めないお店は、求職者の年齢を確認する気がないお店であり、形だけでも法律を守るつもりがないお店ということです。
こういったお店は就業環境が悪いことも多く、他にも法令違反をしている可能性がありますので、必ず避けるべきです。

ホームページがあるお店を選ぶ

現代社会において、会社やお店がホームページを持つことは当たり前といえます。
むしろ真っ当な商売をしているなら、自分たちが提供しているサービスやお仕事内容、会社概要を誰にでも見せられるようにしておくべきです。

それがないお店は、後ろ暗い事情を抱ているか、ホームページをつくるためのお金すら出せない経営状態かの二択と判断しましょう。
そんなお店の就業環境が良いわけはないでしょう。

ボーイさんの対応はしっかりチェック!!

良いキャバクラはスタッフへの指導が行き届いているので、ボーイさんの対応が丁寧です。
接客そのものが商品であるキャバクラなら、当たり前のことといえます。
しかし星の数ほどあるキャバクラの中には、「本当に仕事をしている気構えがあるのか?」と疑いたくなるような態度のスタッフが勤めているお店もあります。規律がいい加減なお店であるということは明白です。

客層の良さを求めるなら高級店を選ぶ

キャバクラは激務ですが、客層が良いお店に勤めていれば、そのストレスを低く抑えることができます。

なぜなら泥酔するお客さんや、トラブルを引き起こすような痛いお客さんの対応をしなくてもいいからです。
余計なストレスを溜めたくないのなら、客層の良い高級店を選びましょう。富裕層の方は飲み方、遊び方を熟知しておられます。

働いている女の子同士の仲がいい

働いてる女の子同士の仲も重要なポイントの一つです。
キャバクラは完全実力主義の世界のため、様々な理由から同僚のキャバ嬢とぶつかることもあるでしょう。

しかしそれはあくまでお仕事上の話なのです。
キャバ嬢同士の仲がいいお店は、たとえ売上を競い合わざるを得ない物同士でも、お互いを尊敬し合いながら仕事に打ち込んでいます。

何の意味もない派閥をつくって、キャバ嬢同士でいがみ合っているお店に入店してしまうと、確実に余計な争いに巻き込まれることでしょう。
精神状態に悪影響を与えないよう、女の子同時の仲がいいお店を選部ことをおすすめします。

コメントを残す