この記事では、都内のキャバクラで働いてみたいあなたの背中を押すために、東京の代表的なキャバクラについてご紹介します。
ご紹介するキャバクラは、厳選した4店舗です。
興味を惹かれるお店があったら、是非とも応募してみてください。

CLUB CHARM ~ 魅 ~

最初にご紹介するのは新宿歌舞伎町の朝・昼キャバ「CLUB CHARM ~ 魅 ~」です。
有名なCLUB CHARM系列の店舗ですので、安定感はバッチリと考えて良いでしょう。
また大抵の場合において朝・昼キャバは時給の相場が低いです。

しかしこちらの店舗はそんなことありません。
何とアルバイト待遇でも時給1,700円以上、エスコートなら2,000円以上と破格の好待遇です。
また社員待遇で雇用された場合は、月給350,000円以上とさらに高収入。
各種手当てや社員旅行といった福利厚生も充実しています。
寮も完備されているので住み込みを希望している人にもおすすめのお店です。

EICHI

六本木に居を構える一流のラウンジといえば、「EICHI」をおいて他にはないでしょう。
各線六本木駅徒歩1分の好立地ですので、通勤にも便利です。

お店の最大の特徴は、キャバクラとしては異例ともいえるこだわりの食事メニューの数々。
ミシュランで星を獲得するレベルの店で食事をされるようなお客様が、度々お店に足を運ぶというのですからその味は本物と考えて良いでしょう。
実際に「EICHI」自身が、夜のお店ではなくレストランを目指すお店と豪語するだけはあります。

待遇に関してはこちらのお店もかなりの好条件を用意しているようです。
アルバイトなら時給1,500円以上、正社員なら月給250,000円となっております。六本木にしては少し低めの給与に見えますが、各種手当は当然のこと、福利厚生まで完備されていますので、むしろ高めといえるでしょう。

Club Vantvert

次にご紹介するのは、墨田区錦糸町で店を構えている「Club Vantvert」です。
規模的には小型店に分類されるサイズのお店ですが、立地を加味して考えると、用意されている待遇はかなりのものです。

バイト待遇なら時給1,200円から1,500円、エスコートなら時給2,000円以上と破格の大盤振る舞いです。。
社員待遇なら月給300,000円から350,000円に歩合給がプラスされるため、マネージャークラスに出世すれば、月収にして500,000円以上を目指せるかもしれません。

SEASIDE -SHIBUYA-

こちらはメディアにも露出があることで有名なお店「SEASIDE -SHIBUYA-」です。
店舗の規模感としては大型店に分類されます。エリア的にも激戦区の1つである渋谷ですので、高時給を期待してしまいますが、スタート時給は1,200円からと控えめです。

社員待遇の場合は月給350,000円以上と、こちらも平均的な範囲といえます。
しかし年4回支給されるボーナスに始まり、社員旅行や食事付き、家賃負担など、給料の安さをカバーするほどの充実した手当が自慢です。
お仕事を探す際には、提示されている時給や月給以外の部分もしっかり確認しないといけない、という見本のような求人が出ています。

コメントを残す