ボーイはどんな人でも稼げるようになる、大変メリットが大きいお仕事です。
しかもただ稼げるだけでなく、長い人生を生き抜くために必要不可欠なスキルまでが身についてしまう、他に類をを見ないお得なお仕事ともいえるでしょう。

しかしメリットの影には、当然デメリットも存在しているのです。
この記事では、ボーイとしてのメリットを享受するためには避けて通れないデメリットについてご説明します。

ボーイは夜型になりやすい

朝早くに起きなくても問題ないのは、ボーイの良いところではあるのですが、同時に夜型になりやすいという問題があります。
この点に関しては、元々夜型の人にとっては、何の問題にもならないと思われがちです。

しかし、そもそも人間の体というものは、朝日の出とともに起きて、夜日の入りとともに体を休めるというサイクルの中で生活するようにつくられています。
そのため昼夜逆転の生活が続くと、知らず知らずの内に、体調や精神状態が悪化していくのです。

これはたとえ夜型の人であっても例外ではありません。
これは次の項目でご紹介する、「精神的・肉体的にかなりきつい」にも通じる話ですが、実際に夜型の生活を続けた結果、体を壊し精神的に参ってしまったボーイはかなりたくさんいます。
ボーイは体調管理が肝のお仕事なので、お仕事の日以外はなるべく規則正しい生活を心掛けましょう。

精神的・肉体的にかなりきつい

ボーイのお仕事は、基本的に激務といっても差し支えはないでしょう。
どこのお店に勤めていたとしても、暇で暇で仕方がないということはまずありません。

お店の方針によっては、法定の営業時間である深夜0時を超えても営業を続けている場合もあり、お客様の入り具合によっては明け方まで仕事が終わらないということも珍しくはありません。
そのため、肉体的な疲労がかなり溜まります。

また、ボーイは店内ヒエラルキーの最下層に位置していますので、精神的な負荷も相当です。
キャバ嬢には全く頭が上がらず、どれだけ理不尽なものであったとしても店長や先輩ボーイの命令には絶対服従なので、気づかない内に気持ちが疲れ切ってしまうのは避けられません。

プライドが極端に低い人や、誰に何を言われても気にしないタフさを持っている人なら問題ないかもしれません。
しかし普通の人にとっては、肉体的に披露しているところに投げつけられる無茶振りは、精神的な負担がとても大きいです。

酔っぱらいの対処をしなければならない場合がある

キャバクラには本当に様々な種類のお客様が訪れます。
温厚なお客様や強面のお客様、正に十人十色です。
中には苦手なタイプのお客様もいるでしょうが、それら全てを超越するほど、誰にとっても面倒なお客様がいます。

それはトラブルを起こす酔っ払い客の存在です。
こうした面倒なお客様の対応は、全てボーイのお仕事ですので、どれだけ苦手であっても対応しないわけにはいきません。
「酔っ払いなんて簡単なもんよ!」という方は、まずいないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です