キャバクラでボーイになって誰よりも稼ぎたい!そんな大きな野望を持っている人がおられましたら、ぜひこの記事を最後まで読んでいただきたいです。

今からボーイに向いている人の特徴を詳しくご説明いたします。
この記事を読んで、「あれ!?俺ってもしかしてめちゃくちゃボーイ向き!?」と思われたら、すぐに最寄りのキャバクラに面接の予約を入れましょう。

要領がいい人ボーイに向いている!?

キャバクラのお仕事は大変忙しいです。
その中でもボーイは、店舗運営のために必要な業務全て担当しなければいけないので、要領のいい人でなければ務まりません。

次から次にやってくるお仕事をスピーディーに済ませるためには、正しく優先順位をつけて処理していく必要があります。
1つ1つの作業を必死で頑張って早く済ませることも大事ですが、そんなことはその気になれば誰にでもできることです。

キャバクラでは、「今ある仕事は何なのか」、「何から片付けるべきなのか」といった、業務全体の流れを把握できる人材が求められています。
こういった立ち回りは要領のいい人にしかできません。

接客が得意な人

接客が得意な人も、ボーイに向いているといって良いでしょう。
キャバクラがお客さんに提供する最大の商品は「接客」です。
「コミュニケーションそのもの」といってもいいかもしれません。

ですので、お客さんの様子を見て、何を求めているのかを適切に受け取り、失礼のないようにご提供することが重要です。
ただお客さんに命じられたことをやればいい、といった類のお仕事ではありません。

接客が得意な人というのは、高いコミュニケーション能力を使って、お客さんの要望を上手に引き出し、最高のタイミングで提供できる人のことを指します。

メンタルが強い人はボーイ向き

メンタルが強い人もボーイ向きです。
むしろメンタルが強くなければ、ボーイとしてやっていくことはできないともいえます。
キャバクラはとてつもない縦社会です。
店長や先輩ボーイに命じられたことは、必ずやり遂げなければいけません。

指示の内容がどれほどありえないことでも、「できません」や「無理です」という返事は一切できないと思ってください。
さらに多少厳しいお店なら、できて当たり前、できなければ詰められるのが常識といっても過言ではありません。

そしてキャバ嬢からは、「ボーイは自分より立場が下」と明確に思われています。
そのため、売上を伸ばしあぐねていたり、プライベートで面倒があってイライラしているキャバ嬢から、サンドバッグのように扱われることも日常茶飯事です。キャバクラでは、こうした重圧を跳ね除け、常に笑顔でお仕事ができるほどのメンタルの持ち主が求められています。

明確な目的や高い向上心を持ってる人

目的意識が強い人や、向上心、反骨心を持っている人もボーイ向きです。
これは先程ご紹介した、「メンタルが強い人」にも通じるお話になります。

すでにお話しした通り、ボーイはとにかく激務で、肉体的・精神的に追い込まれることは避けられません。
しかしそうした辛い環境の中にあっても、毎日積極的に仕事に向き合う必要があります。

ただメンタルが強いだけでは、到底務まらない瞬間が必ず訪れることでしょう。「絶対に店長になってやる!」、「俺の仕事ぶりで見返してやる!」といった高い目標や向上心を持っている人だけが、そうした厳しさに負けず、出世の糸口を掴んでいくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です